マイカーローンの金利で損をしないために

車をローンで購入する際に、ディーラーでのローンを組んでしまうと金利で大幅に損をする可能性があります。ディーラーローンはたしかに手続きの面では手軽で進めやすいのですが、その代わりに銀行などの金融機関で借りるマイカーローンと比べると金利が高くなっている場合が多いため、返済の負担がどうしても大きくなってしまいます。

ローンを組むなら金利は低く、返済の負担は軽くすべきでもあるため、ディーラーでのローンを組んでしまう前にまずは低金利の銀行マイカーローンを利用できないかを考えてみると良いでしょう。

銀行でのマイカーローンは手続きが面倒、時間がかかると考えている方も少なくありません。しかし、最近では来店不要でマイカーローン審査が受けられ、契約も郵送やFAXなどで来店不要で進められる銀行も増えてきているため、手間をかけないマイカーローン契約も可能としています。

銀行のマイカーローン審査

金利面で優れている銀行のマイカーローンは、その分だけディーラーローンと比べるとマイカーローン審査の基準が厳しくなっている傾向にあります。ディーラーローンでは借りられるとしても、銀行のマイカーローン審査には落ちてしまうといった場合もあります。

これは銀行のマイカーローン審査は保証会社が中心となって行い、担保や原則として保証人を必要としておらず、どうしても利用者の信用が重視されるためです。ディーラーローンの場合には車を担保とするために審査基準はそこまで厳しいものとはなりませんが、銀行ではそうはいきません。

車を担保としない銀行のマイカーローンはローンで購入をした車であっても所有権は自分自身となり、ディーラーローンのようにローンの支払いが終わるまで所有権が販売店やローン会社となるわけではありません。マイカーローン審査が厳しい分だけ所有権が自身のものとなる大きなメリットもあるので、借りられるなら銀行のマイカーローンから考えておくべきなのです。

自身に車の所有権がある大きなメリット

  • 車の所有権が自身のものとなっていれば、ローンの返済中でも車を買い替えたり何らかのカスタマイズをするにあたっても自由となります。所有権が自身のものとなっていないと買い替えもカスタマイズも自由に行えなくなってしまい、どうしても手続きが面倒となります。

マイカーローン審査の前に

来店不要で審査が受けられる銀行のマイカーローンは、ネットで手軽に進められるとしても申し込み時にはいくつか注意をしておくべき点があります。上でも触れたようにディーラーローンと比べるとマイカーローン審査の基準が銀行は厳しくなるため、無駄な申し込みとならないためにもしっかりと確認をしておくべきです。

まず一つ目の注意点は、マイカーローン審査において基本となる収入です。銀行によっては収入が一定金額以上必要と利用条件で定めている場合があり、当然ながら満たす収入を得ていないとマイカーローン審査には通りません。収入額の線引きがされていないとしても、毎月の返済を続けていくだけの安定した収入を得ている必要があるのは、言うまでもありません。

利用後に継続をして進める必要がある、返済に関する能力の有無も重要です。収入が安定しているとしてもクレジットカードやカードローンの利用が多いなど、毎月のマイカーローン返済が余裕を持って行えないと判断されてしまえば、マイカーローン審査には通らなくなってしまいます。余計な借り入れが多い場合には注意が必要となります。

また、過去の利用履歴で問題がある場合にもマイカーローン審査には悪影響を及ぼします。過去に長期に渡るカードの返済遅れをしている、何らかのトラブルを起こしているといった場合には、信用情報機関に情報が保有されている間はマイカーローン審査の通過は難しくなります。正常な利用履歴であれば問題はありませんが、何らかの問題を起こしてしまった場合には難しいです。

注意点1
ディーラーローンと比べて条件に優れる銀行のマイカーローンは、借りる本人に問題があれば審査には通過ができなくなってしまいます。
保証会社の保証が受けられることを利用条件としている銀行がほとんどのため、申し込み時には上記の注意点は最低限しっかりと確認をしておきましょう。
注意点2
低金利の銀行マイカーローン比較
第0位静岡銀行マイカーローン

来店不要で申し込みも契約も進められ、静岡銀行との取引がなくても日本全国で借りられる低金利のマイカーローンです。

日本全国に対応のマイカーローン

地方銀行のマイカーローンでありながら、申し込みも利用も日本全国に対応をしています。来店不要で申し込みも契約も行えるため、近くに静岡銀行の店舗がなくても問題ありません。

車種が決まる前でも仮審査申し込みOK

購入する車や金額が決まっていなくても、ネットで仮審査の申し込みが進められます。仮審査結果を見てから利用の判断ができ、キャンセルも無料で行えるために便利です。

他ローンからの借り換えにも利用可能

ディーラーや他社で借りているローンの借り換えにも利用が可能です。高い金利で借りている場合には、低金利の静岡銀行への借り換えで負担が軽くなる可能性があります。

借り入れ先 金利 利用金額 利用期間
住信SBIネット銀行
マイカーローン
年1.075%~
7.975%
10万円~
1,000万円
1~10年
三菱東京UFJ銀行
ネットDEマイカーローン
年2.975% 最大
1,000万円
最長
10年
マイカーローン審査の注意点

銀行のマイカーローンに限らずディーラーでのローンでも同様に、審査の細かな基準に関しては非公表となっています。どのような条件で借りられるかは分からない部分が多いですが、安定した収入を得ており、信用情報にも特にマイナスとなるような情報がなければ問題なく利用ができる場合も多いです。

ただし、申し込みの進め方によってはマイカーローン審査に何らかの影響が出てしまったり、または審査に余計な時間がかかる場合があります。銀行のマイカーローンは融資実行までに多少の日数を要してしまうので、それ以上に余計な時間をかけないためにも以下の点に気をつけておきましょう。

申し込みはミスなく正確に行うようにする

  • ネット上での情報入力となる場合が多い銀行のマイカーローンは、慌てて申し込みを進めるとどうしても入力ミスが起きやすくなります。少しのミスでも確認のために連絡が入ってしまい、その分だけマイカーローン審査も遅れることとなります。また、間違いや不備が多く見受けられる場合にはマイカーローンの申し込み自体が取り下げられる可能性があるので、申し込みの際にはしっかりと確認をするなどして気をつけなければなりません。

お得に車を買うために

低金利の銀行マイカーローンを利用して車の買い替えを行う際には、今現在の車を損なく手放すことも考えるべきです。せっかく低金利のマイカーローンが利用できたとしても、車を安く売ってしまったのでは金利を低くして借りた意味も薄れてしまいます。

多くの方は車を買い替える際にディーラーに今乗っている車を下取りに出しますが、下取りは安く買い叩かれ、どうしても損をしてしまう可能性があります。ディーラーで車を購入する際に下取りに出すのを条件に値引きがされているとしても、それでも本来の買取金額との差額で考えると損をする可能性があるのです。

そもそもディーラーは車を売るのは得意ではありますが、買うのは専門とはしていません。やはり車の買取に関しては専門で取り扱う買取店の方が強く、古い車種であっても下取りに出すよりも大幅に高くに売れる可能性も出てきます。

注意点3
車種や状態にもよるのであくまで参考程度とはなりますが、車によっては下取りに出すよりも数万円~数十万円も高い査定額が付く場合もあります。

高い査定額を付ける買取店を探す

高い査定額を付けてくれる可能性がある買取店はいくつもありますが、それぞれに査定を出すのは面倒で手間がかかります。面倒な手間をかけるぐらいなら手軽なディーラーへの下取りと考えてしまうものですが、今では多くの買取店での査定が一括で行える無料のサービスがあるために手間はかかりません。

一度の情報入力で10社前後の買取店による査定が行われ、複数買取店での査定額で比較ができるようになっているため、非常に効率良く最も高い査定額が見付けられます。サービスの利用は無料で、査定後に売るかどうかは自由に決められるので、満足のいく査定額が出なければディーラーへの下取りに出すなど、無理に売る必要はありません。

査定後に売らないとしても費用がかかるわけでもないので、マイカーローン利用による車の買い替えを行うとするなら、車を高く売るためにも一括査定のサービスを試してみると良いでしょう。また、無料の一括査定サービスはそれぞれで参加をしている買取店や企業が異なるため、複数のサービスでの査定を行うのも効果的です。

サービス名 参加企業 対応地域 利用料金
車査定比較.com 200社以上 日本全国 無料
楽天オート 100社以上 日本全国 無料
下取り交渉にも使える査定額

手放す予定の車の価値、査定額を知っておくと、ディーラーでの下取り交渉にも使えるようになります。査定額に比べて下取り額が大幅に低い場合には、買取店での査定額を示せば下取り額のアップにも期待が持てます。

それでも下取り額が変わらないようであれば買取店に売れば良いだけで、利用者側としては損をせずに車が手放せるようにもなります。

マイカーローンの金利をシビアに比較して数千円数万円の支払いまでしっかりと考えて借りるのであれば、車を売却する際にも同じように数千円数万円は下取り額と買取査定額でシビアに比較をしておくべきとも言えるでしょう。

借り換え利用時のマイカーローン審査

車の購入での利用ではなく、現在利用中のローンから銀行の低金利マイカーローンへの借り換えを行う際には、審査申し込み時には現在の利用状況や返済状況の確認が必要となります。

例えば高い金利でローンを利用してしまっており、返済負担が大きくて支払いができなくなったから低金利の銀行マイカーローンに借り換えたいといった考えでは、マイカーローン審査には通りません。

借り換えはローン返済の整理ではないため、今現在に利用中のローン返済が正常に行えていない限りは借り換えでのマイカーローン審査には通りません。返済ができなくなってしまってからでは遅く、返済の負担が大きいと感じた時点でマイカーローンの借り換えを検討すべきなのです。

注意点4
高い金利のローンを使い続ける意味は薄いので、できることなら早めに低い金利のマイカーローンへの借り換えを考えておきたいものです。

過去の返済遅れなどにも注意が必要

借り換えとしての利用を考えてマイカーローン審査を受けるとした場合に、今現在の返済が正常に行えているのは最低限の条件となりますが、加えて気をつけておきたいのが過去の返済履歴です。

一部の金融機関では借り換えとして利用をする条件に、「直近半年間に返済の遅れがないこと」を条件として掲げている場合があります。現在利用中のローン返済が直近半年間で遅れていたり、または不足での入金などのトラブルを起こしていると、借り換え目的でのマイカーローン審査には通らなくなってしまいます。

借り換えとしての利用に限らずですが、マイカーローンを借りるためには利用条件を満たす必要があります。利用条件として一定期間の返済の履歴が求められているのであれば、返済の遅れなどを起こしてしまうと借りられないのも当然となってしまうのです。

利用条件に書かれていない借り入れ先でも、同様に直近での返済に関するトラブルを起こしていると借りられないところが多いです。
注意点5
保証料もしっかりと確認する

マイカーローンは金利が低ければ返済にかかる負担も軽くはなりますが、気をつけておきたいのは金利とは別に保証料の負担があるかないかです。金利が低い銀行のマイカーローンの中には別途保証料が必要となるものがあり、結果的に高い金利と同等の負担となる場合もあります。

保証料が金利に含まれている、または銀行側で負担とするなどで利用者側での保証料の負担がなければ問題はありませんが、金利とは別に保証料が必要となるマイカーローンであれば、合わせてどの程度の負担となるか、保証料を金利に換算した場合に何パーセント程度になるのかまで見ておかなければなりません。

保証料がかかると負担のイメージもしづらくなるので、なるべくなら低金利で保証料が不要となるマイカーローンを選び、申し込みを進めると良いでしょう。

借り換えで負担を大きくしないために

  • マイカーローンの金利ばかりを見てしまい、保証料の確認までしないとなると、場合によっては借り換え前後で寧ろ負担が増えてしまう可能性もあります。余計な負担を増やさないためにも、借り換えの際には今現在の適用金利と借り換え後の金利、そして保証料の有無をしっかりと見ておく必要があります。
負担はしっかりと比較をしたい

車を購入する際も今現在のローンからの借り換えとしてのマイカーローン利用も、返済にかかる負担となる部分はしっかりと比較を行っておきましょう。手軽だからといった理由で使ってしまうと思わぬ利息負担で返済が苦しくなる場合もあり、せっかくのカーライフも台無しになってしまいます。

金利が低く返済負担が軽く見える残価設定型のローンやカーリースにも注意が必要で、車の所有権の問題もあるためにトラブルにもなりやすいと言えます。

既にこれらのローンを利用している方でも、審査に通過ができれば銀行のマイカーローンへの借り換えが行えるようにもなっているので、残価設定型やカーリースでの面倒な制限や制約が厄介に感じられてきた場合にも、マイカーローンの借り換えを考えてみるのも良いでしょう。

車の購入時でも借り換えとしてでも、銀行で借りるマイカーローンは低金利で頼れます。その分だけ審査は厳しくなっていますが、仮審査申し込みはネットで時間を問わずに行えるために安心です。